New Entries
Category
Archives
Links
mobile
qrcode
Search
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
郵政公社からJPへ
郵政民営化まで、あと12日ですね。
郵便局丸ごとそのまま民営化するんじゃなくて、4つの会社(郵便事業会社、郵便貯金会社、簡易保険会社、郵便局会社)に分かれるワケですが、グループ全体の略称が「JP」になるというのは、今日はじめて聞きました〜

「JR」とか「JT」とか、イメージいいですもんね。
まぁ、ジャパンポストということで「JP」にならざるを得ないんでしょうけど、先行組を見習ってオシャレな企業になって欲しいものです。

ちなみに、各社の略称はこんなつけ方です。
 JR=Japan Railway
 JT=JAPAN TOBACCO
 NTT=Nippon Telegraph and Telephone

日本語と英語が入り乱れてる感じ〜〜〜モゴモゴ
posted by: phon55 | 郵政民営化 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(2) |
郵便局って相談にのってくれるのか?
投資信託って、カンタンなのかややこしいのか、どっちだ???
自分でパンフレットを見たり、本を読んでも、結局はどうしていいのかサッパリ。

証券会社なら相談にのってくれそうな雰囲気はあるけど、たいした額を入れられるワケじゃないから行きづらいんだよなぁ。逆に、郵便局はとっても行きやすいんだけど、果たして郵便局の窓口で投資信託についての説明なんて聞けるのでしょうか?

郵政民営化が始まったところで、元公務員の人ばかりなんだよねぇ?
投資の専門知識なんてあるのかな。
そもそも、郵便局員って投資ができるだけのお給料もらってるのかしら。

ちょっとした疑問です猫2
posted by: phon55 | 郵政民営化 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(2) |
ゆうちょ銀行の行き過ぎ注意報
郵政民営化後のゆうちょ銀行で投資信託を始めてみよう、と思った矢先、タイミング良く「郵貯銀行のリスク商品にかんする注意」的な新聞記事を目にしました。

本日付の中日新聞によると、
−−−−−
ゆうちょ銀行が、将来、新商品の扱いが相次ぐ見通しで、損失の危険性(リスク)がある商品の売り込みに力を入れる場面も予想されるので十分に注意してください
−−−−−
といったもの。

ゆうちょ銀行発足前にそんな記事読まされたら、コワイじゃないの〜冷や汗

しかも、
−−−−−
郵便局では既に値下がりリスクのある投資信託が販売されている。
−−−−−
とまで!

けど、株式市場の平均株価が下がったりするのは仕方ないことだし、投資信託はあくまでも「投資」であって元本保証ではない、という前提のもとに購入するわけだから、そんな風な言われ方をするのはどうかと思うフシもありますな。

今までの郵便局イメージである、堅実・安全・確実、などは投資には当てはまらないことを肝に銘じておくことにしましょう。
posted by: phon55 | 郵政民営化 | 21:29 | - | - |
資産運用はリスクとリターン
資産運用をしようと思ったら、バランスを考えなくちゃいけません。

元本保証で安全な貯金オンリーだと、なかなか増えないし、
ハイリターンが望める投資オンリーでは、泣きを見ることも。

金利も利回りも読めないモノなので、
両方をバランス良く組み合わせる必要があるわけですね。

短期(だいたい2年以内)に使う予定のあるお金は貯金、
将来の蓄えや何年か先のイベント(住宅購入とか教育費)なら投資、
というように、個々人のサイフの中身によって変えるべきです。

郵便局で投資信託ができるようになったのは2005年の10月のこと。
毎年、その投資信託純資産残高は倍々に増えている状況です。

郵便局で投資信託を行うメリットは、
やっぱり「馴染みのある場所」であるということが大きいでしょう。
証券会社に行ったことがない人はいても、
郵便局に行ったことがない人はとても少ないでしょうから。

月々1万円から始められるし、郵貯から自動的に引き落としが可能。
あとは、時間分散投資を自動的にしてくれるので、
価格変動リスクを減らしながら、貯金より有利な投資が可能です。

郵便局には、投資信託のパンフレットがたくさん置いてあります。
ちょっと寄った際に、手に取ってみてはいかがでしょう。
posted by: phon55 | 郵政民営化 | 23:55 | - | - |
郵便局で投資
毎日のようにニュースで取り上げられる年金問題。残念ながら、国が国民の面倒を見てくれる時代は終わりました。これからは、自分の将来設計は自分で行わなければいけません。

なるべく若いうちからコツコツと貯金をしていく必要がありますが、なんといってもこの低金利時代。貯金だけでは安心できません。やはり「投資」が必要になってくると思います。

ところが、いま流行のFXやデイトレード、IPOなど、多くの投資商品がありますが、素人目にはどれも恐くて手が出せないのも事実。

それには、慣れるしかありません。
が、やはり、周りに信頼して相談のできる人でもいない限り、おいそれと株に手を出すことは難しいようです。

そこで、郵便局。

郵政民営化が目前に迫っていますが、民営化されても業務は引き続き行われます。なんだかんだ言っても、やっぱり身近な郵便局。証券会社に抵抗がある人でも、郵便局なら抵抗なく入っていけるのではないでしょうか。

いまは、郵便局でも投資信託が可能です。しかも1万円からOK。
定額貯金をするような気安さで、投資信託を始めてみませんか?
posted by: phon55 | 郵政民営化 | 23:48 | - | - |